2004.3.22生まれトイプードルぴあのとママの日記です。


by pianomama1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

かかりつけ。

c0041207_10381134.jpg
久しぶりに茨城の家へ。
庭の大ツツジが満開でした。
裏庭の山藤は散っていました。残念だわ。


c0041207_10381180.jpg
白い部屋と呼ばれている ぴあのの部屋はサンルームなので日差しが たっぷり。
自分の匂いがするからか久しぶりだけど、ぴあのも落ち着いているの。
なかなか行けないので週2回ほど空気の入れ替えを頼んでいるので安心だわ。

首から太もも辺りまで痛くて安静に過ごしていた ぴあの。
なるべく動かさない方が良いとの事で1週間ほど毎日 先生が往診して下さって注射でした。
実家滞在中に痛くなったのでパピーの頃から診て頂いている先生でホテルはないけど個人的に お預かりして頂く事もあるので ぴあのの性格も分かっているの。

私の都合で過ごす場所を変えるので行き先で痛みが出た時にも先方の先生が分かりやすい様にと痛みの時系列や使った薬など細かく伝えて下さったので家に戻って病院に行ってもスムーズでした。
こちらの先生も ぴあののアレルギーなども ご存知なので明記された薬の取り扱いをしていなかったからと安全安心の為に わざわざ取り寄せて下さっていました。
ぴあのは本当に恵まれていると改めて思いました。

幸い痛み止めの注射をやめて1週間経過しても痛い!と、言わなくなったので観察しながら普通の生活をして良いと言われています。
特に変わりはない時も定期的に診て頂いているので各先生方も ぴあのと飼い主の性格もだいたい分かっているのか夜でも連絡して下さいねーとか、慌てるとかえっていけないので出来る限り往診対応しますからねーと言って下さいます。
夫がいない時に私が慌てるのはホントに危ない。

今回も夫や母が抱くと黙っているのに私が抱こうとするとキャンキャンと痛くて辛そうにするので、そのたびに抱き方が悪いのかと考えたり手を温めたり爪を切ったりネイルを外したり119.png
あまりにショックで先生に相談してみたら「ぴあのちゃんは無口なので痛くても黙っているのでは?と、心配していたので良かったです!」と言われたの。
この子達は弱みを見せると狙われると思う本能があるので、安心出来る相手にしか弱みを見せないのが普通と。
特に ぴあのは無口タイプなので「痛い」と口に出せる事は早期発見出来る ありがたい事なのだと言われたの。
そう言われてみたら具合が悪い時は、いつもと違う感じで 抱っこしてーなの。
それで気づいて熱を測ったりするので実際のところ本人に聞かないと分からないけど「そうだったのね」と、救われた気がして腑に落ちた感じでした。
かかりつけ医の存在は飼い主にとっても、ありがたいですね。






[PR]
by pianomama1 | 2018-05-02 12:00 | お出かけ・お散歩